投稿

1/12日レッスンの内容

イメージ
スペシャリストコース
今回は7月コースの方々がビーズ刺繡をはじめられました。ビーズはよく見るとカットの大きさやガラスの粒の大きさにわずかな誤差があります。経験を重ねると数ヶ月でもその違いを指先で感じる様になってきます。大きめのビーズにはステッチも大きめにと、調整出来る様になりますと、裏面に仕上がっていく刺繡の連なりが実に美しいものになっていきます。それは、眼で見ていなくても、指先・身体が一体となって心で見えてくると言う事なのかもしれません。技術と自分が表現したいものの距離が縮まったり、あるいは表現したかったもの以上に超えていったとき、心の底から喜びが込み上げます。それが、誰かをワクワクさせたり、喜ばせたりするものになっていくのは幸せな事です。試験に向けての練習も、やらなければと迫られるよりも、そんな風に自分の技術として身に付いていく喜びを逃さないで、味わっていくと単調な練習の繰り返しも実に楽しいものになっていくでしょう。 商品化出来る刺繡を仕上げていく、後期のコースに進んだ方は、滑らかなラインを糸調子を柔らかく緩めながら進められ「自分至上一番緩めた」と言われていましたが、最初の頃の力の入った刺繡と比べるとまるっきり違って、同じ人の作品とは思えない成長ぶりでした。物理的には手の力を緩めると ラインが崩れやすいです。しかし、描いていくものへのイメージを心に描いて集中していく時、柔らかでありながらなめらかな美しいラインが描かれて、何とも言えない人の手により生み出される生き生きとしたた作品になっていきます。 一針一針を指す時の気持ちや心が形になっていくと言う事を実感されるでしょう。


オートクチュールスペシャルコース 今回も完成に近づいたドレスの確認や、仕立て・仕上げに取り組みました。オートクチュールの 刺繡と仕立てが見事に生きた作品が出来上がりつつあります。写真の刺繡は仮止めなのでまだふわっとしてますが、ここからの仕立てまたすっと美しくなっていきます。


残りの時間は少なくなりましたが、人生の中で今一つの機会を得,生み出して出会っていく一着に大切に触れていく皆さんの姿に心打たれました。ここでも、美しい心が美しいものを生み出していくことを感じさせられました。時間が迫っていますので。質問などありましたらお声がけ下さいね。少しでもスムーズに進めて頂ければと思います。


デザイナーコース デザイナ…

1/5のレッスンの内容 

イメージ
スペシャリストコース
今回は、ミュシャの絵画の刺繡が完成された方の作品をご紹介します。この課題では何色かの糸で刺繡して面を埋めて、絵画の表現をしていきます。模様の輪郭、 色の移り変わりなど、全て糸のみで描いていきます。とても細やかな丁寧なステッチが繰り返され、刺繡ならではの雰囲気のある完成になりました。


また、7月からのコースの皆さんは今月末の前期の試験に向けて、練習や模擬試験をしました。一 時間の時間内に、2つの刺繡を完成させる技術試験です。最初 は一つの刺繡に1時間以上かかっていた方も、30分以内に完成させて合格していかれていますので、焦らず練習を重ねていって下さい。初めて刺繍針を持って 刺していた時のぎこちなさや緊張感が、想像出来ないくらい成長され、本当に毎回感動させられます。




オートクチュールスペシャルコース
グループごとのドレスがかなり形になってきました。
黒のドレスは、ウェスト辺りに一部分の竹ビーズの刺繡をしてみて、確認をしました。生地が柔らかいので糸調子はやや緩める事に。いよいよこれを全面にしていきます。


先週、刺繡の糸始末(3回以上ステッチに糸を絡める)が出来ていなかったグループは、レッスン から数日後に再度話し合い、やはり刺繡を半分ほどやり直され る事になりました。時間的には厳しいですが、美しいものにしていく事を選択され生地の裁断からやり直す事になりました。毎回ドラマの様な展開はあります が・・・。本当にその分、きっと輝くものになっていくと思います。

未経験で入学された方にとっては、数ヶ月で完成させるのは大変な事だと 思います。熟練されたパリのクチュリエ(仕立て)技術者の方々は、こうしたドレスも 数週間で仕立ててしまいます。しかし、皆さんも確実に近づいています。創る楽しさや喜びが作品を生き生きとさせますので、忙しい中にもそんなキラッとした 瞬間を掴 んで頂けたらと思います。



デザイナーコース
デザイナーコースでは企画のコンセプト構築を終 え、ターゲット設定や全体構成に進みました。ターゲット設定一つとっても、明確にするには様々な確度からイメージや年齢、ライフスタイルにはじまりかなり 細部まで詰めていく事になります。考えて、練っていく事ばかりですが、ひとつひとつ固めていく事で、まるでもうそこに存在するかの様なブランドの姿が出来 上がっていくで…
イメージ
10/6のレッスンの内容 



デザイナーコースでは、デザイン画のレッスンからスタートしました。ここの所、ハンガーイラストの書き方のスキルを身につけてきました。かなりスキルやスピードの上がってきた方も いました。
美しさ他近世の取れたバランスに加え、ディティールの細部の作りや、ステッチ幅、仕立て方法までが読み取れる様な仕上がりが理想的です。 イメージをかき立てる様なデザイン画の横に、具体的な構造や縫製仕様大切な部分が記されたハンガーイラストを添える事で、ドレーピングや仕立てを進めるスペシャリストの方々の仕事に対する敬意や配慮にもなります。込められた愛情は、仕上がりに近づくまで、どんどん大きく輝いていくでしょう。
デザイナーが発信する新しい世界観には、沢山の幸せや美しさ、豊かさを生み出すきっかけを敷き詰める事が出来、またリアルにしていくエネルギーそのものにもなるでしょう。
デザイン画に比べると単調な仕事ですが、作業的にならないで楽しめると良いですね。その全てが伝わりますので、スッと描く一筆の中に、イメージや美しさ、創り手への配慮をも表現出来る力を、手に覚えさせていきましょう。

その後は連想ゲーム風にデザインのアイデア出しのワークをしました。 みんなが描いたものを、何を連想しデザインの素にしたのか当てました。それぞれの個性にも溢れていて、見るのも見つけるのも楽しく、笑ありのあっという間のひと時でした。

企画のレッスンでは、試験の返却をしました。個別に企画書の内容について、どうだったか、説明しながら結果をお伝えしました。相手先様にそのままプレゼン出来る内容や表現力が基準となっています。もう少しという方もいましたので、是非、再試験に挑戦して頂きたいと思います。


9/1のレッスンの内容 

イメージ
9/1のレッスンの内容 



デザイナーコースでは、プロジェクトの企画をプレゼンテーションからスタートしました。今回のプレゼンでは、各自ポジションを決めて進めたものをもとに発表していただきました。ストーリー構成をされた方は、何通りかの企画書を作られていました。服のデザインをする時、全く無の状態から何らかのイメージや素材を見つけたり作ったりして、形を作り出していきます。企画もイメージやアイデアを構成し、具体化していく意味では同じ部分があります。イメージどうり形にしていく過程で、ビジョンを形にするマインドや材料、技術、エネルギーが必要です。センスもありますが、数をこなしていく事で具体化するスキルも洗練されていきます。

また今回は、具体的な意見交換ができ、とても有意義な時間になりました。自分はこうだと思うという意見をはっきりと示され、そのためにどうしたらいいかという事を、問題意識を持って考えていくことができたように思います。それぞれの個性に違いがありながらも、人と人のマスターマインドが共鳴する、ポイントは、誰かのために、あるいは何かのために、自分の人生を生かしていきたいという情熱であるのではないかと思います。それぞれの皆さんの持ち味が生き、人と人の手によって見たこともないようなものが生まれていく可能性を感じました。




スペシャリストコースでは、それぞれの刺繍の課題を進めました。様々な素敵な作品が出来上がりつつあります。こちらは写真でご紹介します。








地道な仕事ですが、鍛錬の中で少しずつ光って、輝いていくようです。




オートクチュールスペシャルコースでは、各チームのデザインに従って、ドレスのドレーピングや刺繍を進めました。こちらも写真でご紹介します。(期間が空き、沢山ありますので、残りはまた次回にご紹介します。)






7/7のレッスンの内容 

イメージ
7/7のレッスンの内容 



デザイナーコースではプレゼンテーションからスタートしました。今回は、同じ人の前回と今回のプレゼンの違いから、自分の感情や想いがのって情熱が伝わる事の大切さも感じさせていただきました。企画書を作成していく段階では論理的に整理する必要がありますが、プレゼンテーションの際には、さらに感性に訴えかける部分の情熱も生かしていくと良いでしょう。また、今回はそれぞれが良かったと感じるプレゼンも選んで発表しました。最も評価が高かった方のプレゼンは、毎回のプレゼンで何度も練られた内容でした。 一つのアイデア・デザインでも私たちを取り巻く世界を変える事ができます。それを拡げて、人々にわかりやすく感動的に伝え、聞く側を主役にするプレゼンテーション。それは必ず世界を変えるようなきっかけになっていくでしょう。今、この1秒の、一瞬のアクションからも… そんなエネルギーが掻き立てられるようなひと時でした。



スペシャリストコースでは、最終の応用課題が完成された方も。これまでに身につけたビーズやっスパンコールの刺繍をちりばめられたオリジナルの素敵な作品に完成しました。細やかなステッチも丹念に仕上げられ、ビーズやスパンコールのモチーフも生き生きしています。




1月コースでは刺繍が終了し完成いたしました。こちらも、刺繍のステッチが生きた素敵な作品になりました。なんとも言えない優しさや愛らしさがあります。



4月コースではスワンの白鳥が終了し、続いてイニシャルの刺繍の自由課題を進めました。こちらもそれぞれの個性が感じられる作品として形になっていきそうです。
極小ステッチで丹念に刺繍されたスワン


オートクチュールスペシャルコースでは、各チームのデザインに従って、ドレスのドレーピングや刺繍を進めました。こちらは写真でご紹介します。何人かで1着のドレスを手にとる姿にハッとして… 美しさを見出すみなさんの制作過程自体がとても美しく、本当に満たされた気持ちにさせていただきました。


<

6/30のレッスンの内容 

イメージ
6/30のレッスンの内容 


今回も、デザイナーコースではプレゼンテーションからスタートしました。1点目は、少しづつ内容を固めて時間をかけて企画してきましたが、2点3点と進める中で、コツを掴んだ方は次々と進められました。課題としては3点になりますが、取り組みたい方はどんどん進めて見てください。
また今回のプレゼンでは、企画書はシンプルでありながら、プレゼンの説明ではグッと相手を引き込んで伝えるという所まで進めた方もいらっしゃいました。自分自身の掴んだ確信が、相手の心を動かす説得力のある言葉やエネルギーとなって発揮されていたことが良かったです。その内容を企画書の書面に形にしておけると、相手先の社内で検討される際にも、そのエネルギーがまた熱を帯びるでしょう。それぞれの方の個性が感じられ、生き生きとしたワクワクするひと時でした。さらにどんなものが飛び出してくるか、とても楽しみです。
オートクチュールスペシャルコースでは、各チームのデザインに従って、ドレスのドレーピングや刺繍を進めました。刺繍を先に進められているチームは、オーロラカラーのクリスタルやスパンコールがゴールドに透明感を添えて、マケット(刺繍の試作)が完成しました。作り手の皆さんの美しさを求めるピュアな思いや愛が詰まっていることが、何よりも美しいのかもしれないと、とても満たされた気持ちにさせていただきます。完成に近づいていく過程も幸せです。





ドレーピングは、素材によって変わるラインの出し方や、添わせ方、ダーツの向き、長さ、そして全体のシルエット、こうした全ての工程を一つでも多くのモデル、多くの素材に触れながら、感覚として掴んでいきます。さらに慣れてくると、手で触れて形にしているシルエットの形が、同時に頭の中で、型紙がどんな形になっているか描けるようになっていきます。そうすると、計算していなくても記事と戯れているうちに自然と計算させていたかのような形が出来上がっていくようにもなります。直感と論理はある一点を超えると、両者を隔てるものがなくなり、超越した一つのものになるのかもしれません。そんな時に、感覚的にも美しくそれでいて合理性の高いものが生まれていくのかもしれません。







スペシャリストコースでは、最終試験の再試験を行いました。今回は、今までに見たことがないくらいとても美しいカーブで刺繍が仕上がっていました。針目と隙間だけが残…